Outlook メールアカウントをバックアップする方法と復元する方法

Microsoft Outlook 2002 / 2003 / 2007 / 2010

メールアカウントをバックアップする方法、復元する方法になります
(メールを送受信するための設定)

1.「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Microsoft Office」→「Microsoft Office ツール」→「Microsoft Office 2003 個人用設定の保存ウィザード」

phpでZIPファイルの圧縮と解凍。ZipArchiveクラス

■ ZIPファイルを圧縮

「ZipArchive::CREATE」で新規にZIPファイルを作成します。
「addFile()」で指定したファイルを「./zip/hoge.zip」に圧縮します。
「addFile()」は複数指定することが可能です。

$zip = new ZipArchive();
// ZIPファイルをオープン
$res = $zip->open(‘./zip/hoge.zip’, ZipArchive::CREATE);

// zipファイルのオープンに成功した場合
if ($res === true) {

// 圧縮するファイルを指定する
$zip->addFile(‘hoge.txt’);
$zip->addFile(‘hoge.jpg’);

// ZIPファイルをクローズ
$zip->close();
}


■ ZIPファイルを解凍

解凍するZIPファイルをオープンし、「extractTo()」で指定した場所に展開します。
指定した場所を確認するとZIPファイルが解凍されていることが確認できます。

// ZIPファイルのパス指定
$zip_path = ‘./zip/hoge.zip’;

$zip = new ZipArchive();

// ZIPファイルをオープン
$res = $zip->open($zip_path);

// zipファイルのオープンに成功した場合
if ($res === true) {

// 圧縮ファイル内の全てのファイルを指定した解凍先に展開する
$zip->extractTo(‘./zip/’);

// ZIPファイルをクローズ
$zip->close();

}

アプリケーションを再起動する/自分自身のプログラムを再起動する

VB.NET
‘アプリケーションを再起動する
Application.Restart()

C#
//アプリケーションを再起動する
Application.Restart();


using System;

public class Program
{
//エントリポイント
public static void Main()
{
try
{
Restart();
}
catch (Exception ex)
{
System.Windows.Forms.MessageBox.Show(
“再起動に失敗しました。\n\nエラー: ” + ex.Message,
“再起動に失敗しました”,
System.Windows.Forms.MessageBoxButtons.OK,
System.Windows.Forms.MessageBoxIcon.Error);
}
}

//コマンドライン引数で指定された設定を使用して再起動する
private static void Restart()
{
//コマンドライン引数を取得する
string[] args = System.Environment.GetCommandLineArgs();
if (args.Length < 4) { throw new ArgumentException("コマンドライン引数が足りません。"); } //終了を監視するプロセスIDを取得する int processId; try { processId = int.Parse(args[1]); } catch (Exception ex) { throw new ArgumentException("プロセスIDが不正です。", ex); } //終了の最長待機時間を取得する int waitTime; try { waitTime = int.Parse(args[2]); } catch (Exception ex) { throw new ArgumentException("待機時間が不正です。", ex); } if (waitTime < 1 || 60000 < waitTime) { throw new ArgumentException("待機時間は最長1分です。"); } //起動するアプリケーションの実行ファイルのパスを取得する string exePath = args[3]; if (!System.IO.File.Exists(exePath)) { throw new ArgumentException("実行ファイルが見つかりません。"); } //起動時に指定するコマンドライン引数を作成する string cmd = ""; for (int i = 4; i < args.Length; i++) { if (4 < i) { cmd += " "; } cmd += "\"" + args[i] + "\""; } //再起動する Restart(processId, waitTime, exePath, cmd); } ///

/// 指定された設定を使用して再起動する
///

/// 終了まで待機するアプリケーション /// 待機する再長時間(ミリ秒単位) /// 再起動する実行ファイルのパス /// 再起動する時指定するコマンドライン引数 private static void Restart(int exitProcessId, int exitWaitTime,
string exePath, string commandLine)
{
//終了を監視するプロセスを探す
System.Diagnostics.Process p;
try
{
p = System.Diagnostics.Process.GetProcessById(exitProcessId);
}
catch (ArgumentException)
{
//見つからない時はアプリケーションがすでに終了していると判断する
p = null;
}

//アプリケーションの終了を待機する
if (p != null)
{
if (!p.WaitForExit(exitWaitTime))
{
throw new Exception(“アプリケーションが終了しませんでした。”);
}
p.Close();
}

//アプリケーションを起動する
System.Diagnostics.Process.Start(exePath, commandLine);
}
}

DataGridViewのEditModeを設定すると、その意味

メンバー名 説明
EditOnEnter

セルがフォーカスを受け取ったときに編集が開始されます。このモードは、Tab キーを押して行に値を入力するとき、または Enter キーを押して列に値を入力するときに便利です。

EditOnF2

セルにフォーカスがあるときに F2 キーを押すと、編集が開始されます。このモードは、セルの内容の末尾を選択します。

EditOnKeystroke

セルにフォーカスがあるときに英数字キーを押すと、編集が開始されます。

EditOnKeystrokeOrF2

セルにフォーカスがあるときに英数字キーまたは F2 キーを押すと、編集が開始されます。

EditProgrammatically

BeginEdit メソッドが呼び出されたときにだけ編集が開始されます。

DateTimePicker コントロールの日付を取得する

private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
{
// Display the selected date and time:
MessageBox.Show(“Your’ve selected the meeting date: “+ dateTimePicker1.Value.Date);
// Display today’s date and time:
MessageBox.Show(“Today is: ” + DateTime.Today);

DateTime dtNow = DateTime.Now;
// 日付部分だけを表示する
MessageBox.Show(dtNow.ToShortDateString());

}

.NET フォームの初期表示位置を設定、変更する

// フォームの Location プロパティによって決定されます (初期値)
cForm1.StartPosition = FormStartPosition.Manual;

// 画面の中央に表示されます
cForm1.StartPosition = FormStartPosition.CenterScreen;

// Windows の規定位置に表示されます
cForm1.StartPosition = FormStartPosition.WindowsDefaultLocation;

// Windows の規定位置に表示され、サイズも規定のサイズに変更されます
cForm1.StartPosition = FormStartPosition.WindowsDefaultBounds;

// 親フォームの中央に表示されます
cForm1.StartPosition = FormStartPosition.CenterParent;

文字列に改行、タブ文字などの定数を挿入する

VB.NET

Dim s As String

‘キャリッジリターン文字とラインフィード文字
s = vbCrLf
s = ControlChars.CrLf

‘キャリッジリターン文字
s = vbCr
s = ControlChars.Cr

‘ラインフィード文字
s = vbLf
s = ControlChars.Lf

‘改行文字(WindowsではvbCrLfと同じ)
s = vbNewLine
s = ControlChars.NewLine

‘値0を持つ文字
s = vbNullChar
s = ControlChars.NullChar

‘タブ文字
s = vbTab
s = ControlChars.Tab

‘バックスペース文字
s = vbBack
s = ControlChars.Back

C#の場合


C#

string s;

//キャリッジリターン文字とラインフィード文字
s = “\r\n”;

//キャリッジリターン文字
s = “\r”;
//ラインフィード文字
s = “\n”;

//値0を持つ文字
s = “\0”;

//タブ文字
s = “\t”;

//バックスペース文字
s = “\b”;